コンプライアンス基本方針

  • TOP
  • コンプライアンス基本方針

コンプライアンス基本方針

株式会社ファーストグループ及び当社グループの子会社(以下「当社グループ」といいます。)は、企業理念の実現及び当社グループの発展を通じて、社会的責任を果たすため、以下の通りコンプライアンス基本方針(以下「本基本方針」といいます。)を策定し、実践いたします。

1.基本的な考え方

当社グループの全役員及び全従業員は、当社グループの企業理念である「はた楽」を遵守し、当該理念に則った企業活動を行うこと及び本基本方針の趣旨を正しく理解することで、当社グループの業務に伴い関係する法令・法規を遵守するだけでなく、社内規程及び社内規則を遵守することで、社会規範・モラル・マナー等の社会的責任も果たします。

2.コンプライアンス体制の構築

⑴ コンプライアンス体制の整備
当社グループは、コンプライアンスに関する重要事項(以下「重要事項」といいます。)について、役員及び従業員が適切に報告できる組織体制を整備します。
具体的には、重要事項を管理する責任者(以下「管理責任者」といいます。)を設置し、管理責任者において重要事項に関する報告及び体制を整備し、必要な権限を付与します。
また、重要事項に関する問題行為(問題行為となりうるおそれのある行為も含みます。)を発見した場合には、迅速に当該問題行為に対処するため、事実調査及び原因究明を行ったうえで、当社グループとして責任ある適切な対応方針・施策を検討するよう努めます。

⑵ コンプライアンス体制に関する教育及び周知
役員及び従業員が重要事項に関する問題行為(問題行為となりうるおそれのある行為も含みます。)を発見した場合には直ちにコンプライアンス管理部門に相談及び報告できる環境を整えるため、コンプライアンスに関する研修及び管理責任者への相談・報告方法の周知徹底を行います。

3.コンプライアンスに関する行動規範

⑴ 法令及びルールの遵守
当社グループは、企業活動において関連する各種法令及び法令に関連する通達・ガイドライン等を厳格に遵守します。
当社グループの企業活動に直接関連する法令等の遵守の他、以下の法令及びルールを遵守します。

  • ・独占禁止法等の関係法令を遵守し、公正かつ自由な取引を行います。
  • ・当社グループの役員及び従業員の利益を図り、当社グループの利益を害するような利益相反取引を行いません。
  • ・証券取引関連法令に反して、公表前の重要な情報を取得して会社の株式等を購入するインサイダー取引を行いません。なお、万が一、公表前の重要な情報を取得した場合には、第三者に漏洩しないことを徹底します。
  • ・当社グループが所有していない著作権、商標権、特許権等一切の知的財産権について、当該権利を侵害することのないよう日々の企業活動において細心の注意をします。
  • ・当社グループの従業員の労働環境を整備・維持するため、労働関係法令を遵守します。

⑵ 社会との関係
当社グループは、反社会的勢力との関りを一切排除し(詳細は当社グループの「反社会的勢力に対する基本方針」をご参照ください。)、選挙・政治活動・政治資金等において各種法令を遵守するとともに、当社グループの社会における地位を利用して、金品その他の不正の利益を得る行為、法令違反行為、不相当な接待及び金銭の授受を行わないことを通して、社会における責任を公正・誠実に果たします。

⑶ お客様との関係
当社グループは、上記⑴及び⑵を遵守することで、お客様と公正・誠実な取引を行い、お客様にとって必要な情報を適切に開示するために、当社グループの経営に関する情報及び記録を適切に管理・作成し、機密情報についてはお客様の事前の許可なく開示又は利用することのないよう公正性・透明性の高い企業経営を行います。

⑷ 人権の尊重及び地球環境への配慮
役員及び従業員並びにお客様に憲法上保障されている人権を尊重するとともに、地球環境に配慮した企業活動を行います。
具体的には、以下の事項を遵守します。

  • ・憲法上保証された基本的人権を尊重し、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別すること及び人権侵害することを容認せず、行わないこと。
  • ・セクシャルハラスメント・マタニティハラスメント等の一切のハラスメントを容認せず、行わないこと。
  • ・当社グループが定めるプライバシーポリシーに則り、お客様に関する個人情報を適切に管理し、目的外の使用を行わないこと。
  • ・当社グループに社会的性人があることを認識し、企業活動において地球環境を破壊する事業を行わず、かつ地球環境の改善を図ること。